弁護士とやりとりする

医療事故かもと思ったら

医療事故ではないかと思っても、一般の人には断定することは難しいでしょう。医学用語も難解ですし、病院という大きな組織を相手にするには、こちらもそれなりの準備が必要です。では医療事故について相談するのは誰がいいでしょうか。 それは、医療事故を専門に扱う弁護士に相談するのが一番です。弁護士だったら誰でもいいと言う訳ではありません。法律に対する豊富な知識に加え、得意分野というものがあります。離婚、相続、借金問題に得意な弁護士がいるように、医療事故問題には、医学知識の豊富な弁護士に依頼しましょう。医師免許を持つ弁護士であれば心強いでしょう。インターネットで検索すると、医療事故専門の弁護士が多数みつかります。

医師とのやりとりはメモをとったり、録音してください

弁護士に相談するにあたって、今の状況を説明できる資料を集めておくといいでしょう。医師から説明を受ける際、言われた内容をきちんとメモに残したり、ICレコーダーに録音したりするといいでしょう。録音することに許可を求める必要はありません。 弁護士に相談するタイミングは早ければ早いほどいいでしょう。入院中に相談できると一番いいのですが、退院してからでも相談してください。 医療事故かどうかの相談する段階では、まず医療事故調査書にわかる範囲のことを記入し弁護士に送付します。メールやFAXなどで受け付けているようです。 その後、弁護士が医療事故の可能性があるかどうかの判断をします。ですので、ここまでの段階であれば費用もかかりません。医療事故かどうかだけでも、まずは見てもらってはいかがでしょうか。