様々な解決方法

医療事故は弁護士一人では解決できません

医療事故の疑いを持っている場合、弁護士に相談するでしょう。しかし弁護士と言っても得意分野がありますので、この場合は医療事故問題に詳しい弁護士に依頼するでしょう。医療事故問題を扱う弁護士は、法律の知識以外にも医学の知識も必要です。そのため、医療事故専門の弁護士には医師免許を持った人が多いようです。 弁護士に専門分野があるように、医師にももちろん専門分野があります。そのため、医療事故問題を扱う際は、その事故の起きた分野に関する専門知識が必要になります。通常、各専門分野の医師と提携して解決を図ります。こうした医師との提携がなければ、証拠は集めたものの、過失を問える力に欠けてしまいます。いかにそうした医師とのパイプが出来上がっているかが重要なポイントになってきます。

必ずしも裁判ではなく、示談で解決する場合も多いようです

まずは、本当に医療事故として争うことができるのかを、判断してもらう必要があります。これまでのいきさつなどを記入する、医療事故の調査シートの提出からはじまります。この内容を見て、医療事故の可能性が否定できなければ面談をして詳しく説明をします。そのため、まずは医師や看護師とのやりとりなどは記録しておくことが大切です。ただ、弁護士に相談する前から病院側に、カルテの開示を求めたりするようなことは得策ではありません。 医療事故の疑いが強い場合でも、必ずしも裁判にまで発展するとは限りません。病院側との間で示談交渉をまずは行います。依頼者としても、時間がかかり心身共に疲労の多い裁判よりは、示談でまとまる方がダメージの少ない方法だと言えるでしょう。 メールや電話で初回無料相談も行っている弁護士事務所もありますので、まずは現状を相談してみてはいかがでしょうか。