なによりもまず、 弁護士に相談

適した弁護士に

医療事故はいつ発生するか分からないものとなっているので、もし身近で医療事故が発生した時などの為にも医療事故に対応してくれる弁護士を事前に見つけておくことが大切です。

詳細はこちら

相談する時には

医療事故が発生た時に弁護士に相談する場合は、医療事故であるという根拠をはっきりさせた上で相談に行くと、スムーズに解決策を見つけることができます。医療事故の訴訟は国によって大きく異なります。

詳細はこちら

直ぐに専門家へ相談

美容整形で失敗したなどの医療事故は弁護士に相談して、解決してもらいましょう。誠心誠意対応してくれますよ。お気軽にどうぞ。

医療事故は100パーセントは防げない

様々な理由により、医療サービスを受ける機会が多分にあります。病気や怪我がもとのものや、容姿の改善目的の美容整形など、医療と日常生活は切っても切れない関係に位置していると思われます。 その多くは何かを良くしたいという目的であり、その後の治療により、問題の箇所が良くなっていれば良いですが、良くなっていないだけでなく、治療が原因で更に悪くなってしまったというケースが、数多く寄せられています。 医療事故という言葉をニュースなどで聞かれたことのある方は、かなりおられるかと思います。この医療事故というのは、病院や医院にかかられる方では、誰しもが遭われる可能性を秘めています。医師もコンピュータやロボットではなく、人間ですので、間違いを犯さないとも限りません。しかし、患者側からすれば、間違いを犯したでは済まないのが医療事故というものです。

被害者となられた方はすぐに弁護士か、関係機関へ

医療事故の被害に遭われた場合、すぐにでも弁護士か関係する機関のところへ出向いて下さい。医療事故かと思われた時、患者さん本人やご家族というのは、かかられた病院や医院に、すぐに事情の説明を求めがちですが、これはとてもリスクがあることです。考えてみて下さい。医療的知識にも乏しい方が病院や医師と対峙するのは困難なばかりか、逆に相手を警戒させ、カルテなどの証拠書類の改ざんが行われる場合があります。ですので、必ずまずは弁護士などを味方につけ、弁護士を通じて病院や医院と向き合うようにして下さい。 加えて、医療事故というのは専門の弁護士というのにも数は限られていて、どこの弁護士事務に行っても弁護を請け負ってもらえるとは限らないので、医療事故専門の関係機関に問い合わせるのが一番かもしれません。

専門医師の質や数が豊富な弁護士事務所を選びましょう

病院で医師の治療を受けたにも関わらず病状が悪化したり、死に至ったりした場合など、医療事故が疑われるケースがあります。しかし、通常の事件事故なら警察で調査が行われますが、明らかに医療事故で死亡と言うことでもなければ、警察は介入してこないでしょう。医療事故の場合は、証拠集めや調査など全て自分たちでする必要があります。医療事故の訴訟を起こそうと思えば、依頼する弁護士の力量が結果を大きく左右しかねません。 通常の訴訟よりも、医療事故の場合は訴訟を起こすかどうかの調査に時間をかけます。医療問題に精通している弁護士が中心となり、提携する専門医師の意見を参考に訴訟をおこすかどうか判断します。この協力医師の質や人数こそが、その弁護士事務所の良し悪しにかかわってきます。

長期化する裁判よりは、示談交渉の方が得策

更に、証拠保全や聞き込み調査、証人となる人を探したりなどの活動をします。 その上で、医療事故と判断すれば、まずは病院側と示談交渉をします。示談交渉は依頼者にとってもダメージの少ない解決方法だと言えます。又、病院側も裁判を起こされて、事故が公になるよりは示談でまとめようとする傾向が強いようです。医療事故の民事裁判を起こした場合は、平均で3年かかるようです。1審で納得ができなければ、さらに長期化するでしょう。 弁護士に依頼すると即裁判と思わる方もいますが、医療事故に関して言えばそのようなことはありません。できるだけ依頼者の負担にならない解決方法を一緒に考えてくれます。まずは無料相談から始めてみてはいかがでしょうか。

CONTENTS

弁護士とやりとりする

もしも医療事故が発生したのであれば、弁護士とやりとりをして解決への糸口を見つけることが大切です。弁護士に相談する時期は事故から早ければ早いほどよいと言われています。

詳細はこちら

発生する医療事故

多くの人が医療施設を利用しており、その中で医療事故に遭遇しない可能性は無いとは言い切れないので、もし医療事故に遭遇した時には冷静に判断して弁護士に連絡することが大切です。

詳細はこちら

様々な解決方法

多くの医療現場で発生が後を絶たないのが医療事故です。医療事故の場合弁護士に相談して解決しますが、解決方法も示談から裁判まで様々で、示談交渉するのがほとんどです。

詳細はこちら